時間の引き出しを整理しましょう

「何か新しいことをしたい! 始めたい! 」けど
でも……やっぱり……ちょっと無理かなと思う
理由のひとつが「時間がない」かもしれませんね。

ビジネスの世界では、時間は作るものとされていますが、
時間は、作るものという発想がない人もいるかもしれないですね。
それは、時間は作れないという思い込みの問題です。

「時間は、きっと作れる」

小学生の頃を思い出してください。
自分の机の引き出しを整理する時、どうしてましたか?
一度、全部中身を机の上に出してましたよね?
それから、改めて引き出しの中を整理してたと思います。

これって、現状何が必要で、何が不要かを確認して、
この引き出しの中に入るものに優先順位をつける
作業だったりします。

これは、時間でも同じです。
一度、毎日の生活で1日の時間の使い方を書いてみる。
見える化してみるというのが、最初に大事なことです。
時間って、引き出しの中身と違って見えないので。
1週間、自分の生活を朝から寝るまでをメモしてみます。

そこで、自分の時間の使い方を客観視して見るのです。
1日の時間は、誰でも平等です。
どこに何を、どうゆう優先順位で入れていくかという
引き出しの整理に似ていますよね?

引き出しの中身って、開けるとズバリすぐに見えるのですが、
時間の使い方って見えるのものではありません。
見えないものを見える化して、そして数値にする。
これだけで、時間を作りやすくなります。

新しいことを始めるというのは、最初ワクワクだと思いますが、
やがてそのワクワクが、時間をつくることにイライラしないように
最初にやりたいことをするための時間のスペースを作っておくといいですね。

コメントを残す

CAPTCHA