で、マインドセットって結局なんだ?

「で、マインドセットって結局なに?」

自己啓発の本を読んだり、ビジネス本などを読んでいると
必ずと言っていいほど、マインドセットという言葉でてきます。

そういう本を常日頃から、読んでいる人には、
マインドセットという言葉を使うことに、
もう慣れっこで何の違和感もないでしょう。

でも、オーム真理教の事件から、マインドコントロールという
言葉を頻繁に耳にしたことで「マインド」という言葉すべてを
怪しい言葉。怪しいこと。怪しい集まり。怪しい考え。と言った
マイナスイメージを持ってしまっている人も少なくないと思います。

そういう私もそのひとりだったし、私以外にもマインドセットと聞くだけで、
拒否反応を起こす人もいました。
でも、それってすごく勿体ないと思ったんです。

ビジネスでも、人生でも、
マインドセットを変えると、その人の未来が変わると
今は、本気で思えるのですが、最初はマインドセットという言葉が持つ、
マイナスイメージが強すぎて、受け入れられなかったのです。

それなら、何かいい日本語に訳することは出来ないかなと思いました。
それで私が考えたのが「考え方の癖」です。
めちゃ、めちゃシンプルにしてみました。

例えば、マインドセットとは、こういう使い方をします。

「ビジネスは、マインドセットを変えると、うまくいく!」

「成功するためには、成功する人と同じマインドセットを持つことが大事だ」

「考えるより、チャレンジするマインドセットを持とう」

「失敗をマイナスと捉えるマインドセットが悪い行動に繋がる」

上記の文例のマインドセットの部分を「考え方の癖」に置き換えても
あまり違和感がないですよね?
意味的には、多少ズレがあるかもしれないが、マインドセットと聞くと
それより先に進めないという人がいるなら、「考え方の癖」という説明を
した方が入りやすいと思います。

本を読む場合も、マインドセットと出てきた時も、
「考え方の癖」と言い直しながら、読み進めることができると
その人には、大きなメリットがあると思います。

コンセプトにせよ、マインドセットにせよ、
私は、あまり言葉に囚われすぎるのも良くないと思うので、
自分がしっくりする言葉に置き換えてもいいと思います。

コメントを残す

CAPTCHA